スポーンサーリンク

これまで、いろいろなものが自動化されてきました。
特に、家電は自動化を追い求めて発展してきたといえると思います。

餅つき機が出てきたときにはびっくりしました。
私たちが小学生のころだと思います。
(今、ちょっと調べてみたら、家庭用餅つき機を初めて出したのは東芝らしい。1971年。
小学校2年生の時ということになります。)
日本初の家庭用もちつき機(東芝のHP)

さて、最近「洗濯物折り畳み機」というものを知りました。
東京テレビ、WBSで取り上げていたのを見たのです。(2015年10月7日(水))
まだ試作段階ですが、家電や先端技術の見本市、シーテックに出展されていたそうです。
開発期間はおよそ10年。
注目のマシンです。

シーテックの中でもひときわ人を集めていたブース。
「ランドロイド」と名付けられた”世界初の洗濯物折り畳みロボット”
くしゃくしゃにしたTシャツを入れて、スタート。
3分後に折りたたまれて出てきました。

開発したの、セブン・ドリーマーズ・ラボラトリーズ。
家電とは無縁のベンチャー企業です。

洗濯物たたむのは、大企業でも不可能と言われてきました。
パナソニック常務 「ニーズがあるのはわかっていたんですけど、解決できる技術的アプローチにたどり着いていなかった。」

ランドロイドの開発工場、WBSの独占取材の内容

WBSの大江キャスターは、神奈川県相模原市のランドロイドの開発工場を訪れました。

社長に対応してもらって、見学です。
テレビカメラが入るのは初めてだそうです。

小惑星探査機「はやぶさ」のカーボン製部品も製造してきたそうです。
セブン・ドリーマーズ・ラボラトリーズはカーボンの会社だったのです。
その製品開発のために磨いてきたのが、測定技術。
測定器を一から自分たちで作り上げるほどです。

この技術を生かして、ゴルフクラブも開発してきました。
安いものは12万円。高いものは1200万円。
カーボンで作った完全オーダーメイドの製品です。
素振り軌道を測定して1本ずつ作ります。

オリジナルの測定器で作った製品。
他社には真似のできないものです。

全自動洗濯物折り畳み機「ランドロイド」の要も、測定技術です。

ランドロイドの開発担当者、北川さん。
10年前に担当になりました。
「様々な形の服を自動でたたむのは不可能。」と技術者たちが逃げ出す中、手を挙げました。

ロボットや測定技術の知識はありましたが、家電は素人。
「参考にするものが何もなく、基礎的なところから開発した。」
とのこと。

企業秘密だらけの内部には、カメラとロボットアームがあります。
カメラで服の種類を判別し、それをアームで畳みます。

持ち方で形が変わる洋服は判別が難しい。
そこで、高い測定技術が生きました。

シーテック1か月前、、、、

自社開発の測定ソフトを使い、映像の座標とアームの動きを調整します。
工程① 衣類を投入(Tシャツを入れました。)
工程② 持ち上げる(アームでTシャツを持ち上げました。)
工程③ 広げる(Tシャツを広げます。)
工程④ 測定ソフトで形を判別
工程⑤ 折り畳み

このときは、失敗してしまいました。
画像とアームのずれが原因。
調整が必要です。
ここまでで折り畳み作業は2万回以上行ってきたそうです。

時間がたって、、、
再度訪れた大江キャスター。
外見も製品のようなものになっていました。
カーボンがふんだんに使われています。

大江さんが実際にTシャツを入れてみました。
中の様子は、モニターで確認できます。

3分後、きちんと畳まれていました。
開発担当者の北川さんも満足げでした。

ランドロイドの開発には、6億円以上を投じてきたそうです。

自動折り畳み機を開発することにした社長の考えは、
「技術力がいかせて、誰も挑戦していない難しいもので、
完成すれば爆発的に売れるもの、、、」

—————————–
シーテック当日。
デモンストレーションは無事に成功しました。

パナソニック、大和ハウス工業との提携を発表しました。
2016年度に「折り畳み専用機」を販売します。

2019年には洗濯乾燥機との一体型、
2020年には自動で棚に仕分けるスマートハウス組み込み型も販売する予定だそうです。
すごいことになりそうです。

家電を知らないベンチャーが10年かけて生んだ技術が、世の中を変えていくことになりそうです。
————————————-
販売開始の時には、一気に40枚入れてたためるようにしたいということでした。

洗濯物をたたむのにかける時間は、主婦の人生の中で1年分あるそうです。

2015年10月16日(金)NHK「あさイチ」でも取り上げていました。

IoT=Internet of Thingsの略
(物のインターネット化)

IoT家電の一つとして、全自動洗濯物折り畳み機が紹介されていました。

社長の言葉、
「現在は、シャツ、ズボン、スカート、タオルが畳めるのですが、インターネットにつなぐことで、バージョンを上げていってあらゆるものが畳めるようになります。」

バージョンアップによって、スピードアップの可能性もあります。

可能性いっぱいの全自動洗濯物折り畳み機です。
実用化されたものを早く見てみたいです。














スポーンサーリンク
スポーンサーリンク